Loading
Kestrel 500SX,CHiP SX,Swordfish SXに関するよく寄せられる質問
”全く動かない”という場合はまずチェック!
1、送信機には単三乾電池が4本入れてありますか?
2、乾電池の容量は十分ですか?
3、電池の極性(+、-)は正しく入っていますか?
4、Lipoバッテリーは満充電されていますか?
5、送信機の電源スイッチはONにしましたか?
以上をご確認の上でも全く動かない場合、下記の良くある質問をご参照いただきお試しください。
Q. 送信機の電源スイッチを入れてあり、機体にLipoバッテリーを装着しているが、機体が全く反応しない。
A. 受信機のバインドが正常に済んでいない可能性が考えられます。お手数ですが日本語取扱説明書11ページに記載の設定手順をご覧になり、バインドをやり直して下さい。
Q. バッテリ端子に向きはありますか?
A. あります。端子には切欠きがあり、正しい向きで挿入する必要があります。切欠きを無視して逆に挿入するとアンプ・バッテリが破損し、大変危険です。
必ず切欠きを確認し、装着してください。(写真1)
(写真1)
Q. 前進・後退など、舵が効かない。
A. メインシャフト上部が破損している可能性があります。(写真2・3)
上記が破損している場合はメインシャフトを交換することで改善します。
(写真2)

(写真3)
Q. 離陸させようとすると左に傾く・流れる。
A. シングルローター機特有の現象です。離陸させる際は右エルロンを切り、上空に上がったら素早くエルロンを戻します。
Q. スロットルを上げると離陸せず、ぐるぐる回るようになった。
A. テールブレードには向きがあります。正しい向きか(写真4)でご確認ください。
テールブレードの向きが正しい場合、ジャイロ感度調整で直る場合があります。
また、テールモーター自体が劣化し、出力不足となっている場合もあり、この場合は交換が必要となります。
(写真4)
Q. ホバリング時に一定位置に留まらず、円を描く様に旋回する・安定しなくなった。
A. メインシャフト上部(スタビライザー取り付け部)を確認します。メインシャフトが曲がり、回転時に軸がぶれていると機体は安定しません。この場合、メインシャフトを交換することで改善できます。
Q. サーボは動くが、メインローターが回らない。
A. スロットルトリムは最スローになっていますか? 最スロー状態にする必要があります。
Q. 急にバッテリーの持ちが悪くなった・飛行時間が短くなった。
A. バッテリーが劣化している恐れがあります。充電時間が極端に短くなったり、バッテリーに膨らみが出てきた場合は使用を中止し、交換してください。
その他ご不明な点はお手数ですがカスタマーサポートまでお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら