Loading
SOLO PRO 180 3Dに関するよく寄せられる質問
”全く動かない”という場合はまずチェック!
1、送信機には単三乾電池が8本入れてありますか?
2、乾電池の容量は十分ですか?
3、電池の極性(+、-)は正しく入っていますか?
4、Lipoバッテリーは満充電されていますか?
5、送信機の電源スイッチはONにしましたか?
以上をご確認の上でも全く動かない場合、下記の良くある質問をご参照いただきお試しください。
Q. 離陸させようとスロットルを上げると、振動する
A.

スタビレス機体のため、離陸出来る揚力が発生する前は振動しがちとなります。
これは正常となります。また、離陸できる程度までスロットルを上げますと、この振動は消えます。
万一、離陸直前まで振動する場合は、スピンドルシャフトに曲がりがないかご確認ください。曲がりがある場合は、交換が必要となります。

Q. 離陸直前に機体が右側に傾いて倒れそうになる
A. この現象は、当機体特有の現象です。素早く左エルロンを僅かに切り、垂直に離陸できるように修正が必要です。上空に上がれば、機体は安定します。
Q. テールローターブレードが回転しなくなった、急にテールの抑えが効かなくなってしまった。
A.

テール部のベベルギアまたはメインギア付近にあるテールドライブシャフト先端のベベルギアが破損している恐れがあります。目視によるベベルギアの欠けがないかをご確認ください。

ベベルギアが破損しているかどうかを簡単に判別する方法は、メインローターを手で回転させながら、テールブレードを軽く押さえ、「カチッ、カチッ」とベベルギアから音が出る場合はベベルギアが欠けていたり、空回りしてしまっている可能性があります。この場合はテールギアセットの交換が必要となります。

Q. サーボギアが欠けてしまったが、ギア単体で販売していませんか?
A. 現在のところ、申し訳ございませんがギア単体での販売は致しておりません。
将来的に販売できるようになりましたらWebサイトにて告知させて頂きます。
Q. J6送信機の説明書が分かりずらい。
A.

申し訳ございません。若干修正したものをPDF化しましたので、ご参照ください。

J6送信機説明書をダウンロード

Q. SoloPro180 3Dベベルギア交換手順
A.

1.赤丸の部分のネジを外します。両側ありますので、4箇所外します。
 

2.リンケージを3箇所外します。


3.メインギアを外したのち、メインシャフトを引きぬくことが出来ます。

4.テールパイプを留めている4箇所のネジを外します。




5.この状態でテールパイプを引きぬくことが出来ます。


6.テールシャフトの赤丸部分のネジを緩め、引き抜きます。さらにテールクリップ部のリンケージを2箇所外すことで、テールシャフトを引きぬくことが出来ます。




7.ベベルギアは圧着されていますので、強い力で引きぬくことが出来ます。
 ドライブシャフトはDカットされていますので、ギア側をよくご確認いただき、差し込んでください。




8.ギア交換が済んだら、逆の手順で組み上げてください。また、ギアのかみ合わせをよく確かめてからテスト駆動するようにしてください。

Q. J6送信機の初期設定値を教えて下さい
A. 以下のPDFファイルを参考に設定を行って下さい。

Solo Pro 180 3D参考初期設定値
(PDFファイル/74MB)
Q. 機体・送信機 取扱説明書をダウンロードしたいのですが
A. 以下のPDFファイルをご参照お願いします。

Solo Pro 180 3D日本語マニュアル
(PDFファイル/89.3MB)

J6,J5送信機日本語マニュアル
(PDFファイル/3.7MB)
その他ご不明な点はお手数ですがカスタマーサポートまでお問い合わせください。
お問い合わせフォームはこちら