Loading

カスタマーサポート

製品チュートリアル

J6送信機 アドバンスセットアップモードの設定

電源を入れた際の基本画面よりMODEボタンENDボタンの両方を同時に長押しすることにより、アドバンスセットアップモードの画面に移行します。

1. モデルメモリ設定メニュー

(画面.1)
上記の画面はモデルメモリー設定メニューです。
設定する場合はPUSHを、次のメニューに移行する場合はダイアルを右に一つ回してください。

モデルメモリーを変更する場合は上記の画面から一度PUSHボタンを押すことで、中央の0が点滅しますので右にダイアルを回していき、 呼び出したい番号が決まったらPUSHを押します。モデル番号が切り替わり、同時に飛行機&ヘリモデルタイプ切替に移行します。

※モデルメモリ機能はSolo Pro180 3D、Solo Maxx 3Dに付属のJ6プロポにはございません。

メモリは(0→1→2→3→4→5→6→7→8→9)と変化していき、10機分のデータが保存可能です。

2. 飛行機&ヘリモデルタイプ切替メニュー

(画面.2)
画像1のモデルメモリー設定メニューよりダイアルを右に一度回すことで上記の画面が表示されます。 これは飛行機&ヘリ モデルタイプ切替メニューです。
設定する場合はPUSHを次のメニューに移行する場合はダイアルを右に一つ回してください。

設定を変更する場合は上記の画像2で一度PUSHを押してください。(MODE)の点滅が消え、ヘリのマークのみ点滅しますので、飛行機に変更する場合はダイアルを左に一度回してください。決定したらPUSHを押すことにより、設定が記憶され次のメニューのCCPM・ミキシングに移行します。

3. CCPM・ミキシング設定メニュー

(画面.3)
画像2の飛行機&ヘリ モデルタイプ切替メニューからダイアルを右に一度回すことで上記の画面が表示されます。これはCCPM・ミキシング設定メニューです。
設定する場合はPUSHを次のメニューに移行する場合はダイアルを右に一つ回してください。

設定を変更する場合は上記の画像3でPUSHを押します。(MODE)の点滅が消え右下のマークのみ点滅しますので、スワッシュタイプを変更する場合はダイアルを左に一度回します。決定したらPUSHを押すことにより、設定が記憶され次のメニューの電波距離テストモードに移行します。

※3軸ジャイロ搭載機の場合、3軸ジャイロの方でCCPM 120度を認識しておりますのでプロポの方ではCCPM 90度で設定して下さい。120度に設定してしまいますと正常に飛行できなくなります。


4. 電波距離テストモード

(画面.4)
画像3のCCPM・ミキシング設定メニューからダイアルを右に一度回すことで上記の画面が表示されます。これは電波距離テストモードです。
設定する場合はPUSHを次のメニューに移行する場合はダイアルを右に一つ回してください。
  
上記の画面で1度PUSHを押すとHのみが点滅します。ここでダイアルを左に一度回しH→Lに変えてPUSHを押すと、次のモデルコピーに切り替わると同時にアラームが鳴り電波がローパワーになります。

※通常飛行させる場合は使用しないでください。


5. モデルコピー機能

(画面.5)
画像4の電波距離テストモードからダイアルを右に一度回すことで上記の画面が表示されます。
これはモデルコピー機能です。

設定する場合は上記の画像5でPUSHを一度押すと、画面の中央に0 0と表示され左の0が点滅している状態になります。
例として、モデル0をモデル1にコピーしたい場合、左の0が点滅している状態でPUSHを1度押し、右の0を点滅させます。次にダイアルを右に一度回し0を1に変えPUSHを押すと、モデル0のデータがモデル1にコピーされます。
これでモデルコピーが完了し最初のモデルメモリー設定に戻ります。